いえまですごろく画像

いえまですごろくってなに?

いえまですごろくは、
地震が起きたらどうするのか、
子どもたちが遊びながら考えられる
ボウサイボードゲームです。

防災という言葉を聞くと、大人でも難しそう、めんどくさそうというイメージがありますが、
このゲームでは遊びながら楽しく、地震発生後にどんなことが起こるのかを知ることができます。
さまざまな困難をクリアしながら、ゴールとなる家族のいるお家を目指しましょう。

いえまですごろくの特徴

プレイ時間は約25分。
3〜6人までプレイ可能!

「いえまですごろく」は、学校の授業でも使用できるように作られています。
ゲームのプレイ時間は、最初にお話をしたり振り返りをしても45分の授業時間におさまる約25分です。
ボードのサイズも学習机を4つ組み合わせた大きさになっており、
3〜6人で一緒に学ぶことが出来ます。もちろんご家庭でも遊んでいただけます。

このすごろくの大きな特徴は2つ。

1.防災教育の最初の一歩に

東日本大震災からまもなく5年が経ちます。
さまざまなところで、防災教育の必要性が重要視されています。
特に南海トラフ地震は、いつ発生してもおかしくないといわれ、被害が想定されている
地域では早急な対応が必要とされているのではないでしょうか。

しかし、防災教育をどのように進めていけばよいか困ってらっしゃる方も多いはず。
「いえまですごろく」は、子ども達が楽しみながら防災を学べます。
防災教育の最初の一歩としてご利用いただけます。

解説ムービーを見る

2.プレイヤー同士が協力しないとゴールまでたどり着けない

「いえまですごろく」の基本的なルールは、すごろくと同じようにサイコロを振って自分のコマを
進めていくものです。

しかし、途中でプレイヤー同士が協力し合わないとゴールができない場面があらわれます。
それは「救助マス」と呼ばれ、以下のような場面が書かれています。
【火事の現場を発見。助けを求める声が聞こえる。全員で力を合わせて救助に必要なカードを出す】
各プレイヤーに何枚か配られる救助方法が書かれた「救助カード」をもとに、
上のマスの場面に合った救助方法をプレイヤー全員で考え、「救助カード」を出します。
救助方法が正しければ、救助したひとから情報をもらい、今まで通れなかったゴールに進む道が
通行可能となります。

すごろく見本図

制作者のコメント

みなさんは防災に対してどんな印象をお持ちですか?
めんどくさそう、自分には関係ない、災害が起きてもなんとかなる。そんな風に思っているひとも多いと思います。
でも、同時に近年の様々な災害をニュースで見るたびに、防災って大事だなと感じるはずです。なぜ大事なことなのになかなか行動に移せないのでしょうか。
「命に関わることだから、真面目に取り組まなくちゃいけない」そんなイメージがあるからだと私は思いました。それはとっても大事なことですが、いつ来るかわからない災害にそなえてずっと真面目に考え備え続けることはなかなか難しいのではないでしょうか。
そこで、楽しみながら学べる防災は出来ないのかと考え、この「いえまですごろく」を制作しました。多くの方に遊んでいただき、防災のイメージを変えるきっかけになってもらえれば幸いです。

株式会社R-pro yamory担当
ボウサイディレクター 本多由季

「今日はゲームだったから、みんなで協力しながら楽しく判断できたけれど、もし、本当に大きな地震が来たら、冷静に行動できるように備えておきたい」

この「いえまですごろく」をやってみた子供の感想です。
ハプニングが起こるマスにとまると、子供たちは「消火器を使う」「心肺蘇生をする」「大人を呼んでくる」などと書かれた手持ちのカードを使い、協力して話し合いながら困っている人を助けます。
45~50分の授業の中で、すごろくゲームをして、振り返りをし、感想交流までできるということにこだわりました。
防災に必要なキーワードをちりばめてあり、その後の学習へ発展性を持ち合わせています。単発の授業でもできますし、総合的な学習の時間などでの単元の導入としても最適です。

日本赤十字社愛知県支部
事務局事業部青少年赤十字課 青少年係長 手島英樹

商品情報

商品情報


「いえまですごろく」
販売価格 / 3,600円(税別・送料別)

  • 対象: 小学生4年生以上
  • プレイ人数: 3〜6人
  • すごろくサイズ: 74cm×68cm
  • 外箱: 8.8cm×8.8cm×81.8cm

  • のこり: 145個/200個 (5/26現在)※目安としてご覧ください
注文する
  • Q. プレイ人数は何人ですか? また、対象年齢をおしえてください。
  • A. プレイ人数は3名から6名まで。 対象年齢は小学4年生からです。
      大人のかたもお楽しみいただけます。
  • Q. 防災の知識がなくても大丈夫ですか?
  • A. 特別な知識は必要ありません。ゲーム内に登場する防災用語は、
      別紙の用語解説をご活用ください。
  • Q. 学校向けという印象を受けましたが、家庭でも遊べますか?
  • A. ご家庭でも楽しく遊んでいただける仕様になっております。
  • Q. 今後の販売について教えてください。
  • A. 2016年5月の200セット限定販売以降、今後の販売については未定です。
      決まり次第、当HPにてご報告させていただきます。
  • Q. 地元の特徴が反映されたオリジナル版「いえまですごろく」を
      制作していただけませんか?
  • A. 承っております。 お問い合わせフォームよりご連絡ください。